下調べを行うことで良い住宅をゲットする|自分のこだわりを反映

任意売却をする

任意売却のメリットの簡単な説明

一般的に債務不履行になった時には、融資実行時に設定された抵当権の順位に従って債権者や金融機関が担保物権を差し押さえ、競売により担保物権を売却し弁済にあてます。 任意売却は、債権者や金融機関の合意に基づき、自分で担保物権を通常の不動産流通市場で売却し、債務の返済を行います。任意売却のメリットは、競売による落札額よりも2割から3割程度は高く売却出来る事です。債権者や金融機関にとっても、担保物権が高く売却出来るのでより多く弁済にあてる事が出来る大きなメリットがあります。 又、競売による債務処理は、当事者の都合に関係無く粛々と手続きが進められ、引越し費用など新しい生活に必要な費用などを貰う事が出来ないのが一般的です。任意売却の場合は、引越し費用など必要な費用を捻出する事が出来るメリットもあります。

住宅金融支援機構の任意売却申請手続きの流れ

一般的に住宅を購入する時には、住宅金融支援機構や旧住宅金融公庫を利用する人がほとんどです。 住宅金融支援機構への返済が6ヶ月間滞ると機構より依頼された債務回収機構から一括弁済を求める通知や任意売却に関する書類が届きます。 書類が届いている事に気付かない事も多いのですが、しっかりと任意売却に関する書類に目を通して1ヶ月以内に返送しないと任意売却の意思が無いとみなされて競売の申し立てが行われます。実際の所、競売中でも任意売却に切り替える事が出来ます。 任意売却の申請書が手元に届いたら、急いで仲介不動産業者を探し書類を提出し、6ヶ月以内に売却します。 住宅金融支援機構でも仲介不動産業者を紹介してくれますが、実績のある仲介不動産業者を探す工夫をするべきです。